再就職の経緯

仕事に関して、小さい時は大人になったらしなくてはいけない事。という認識でした。学生になったら、高校や大学を卒業したら仕事をして、自分で稼ぐのが社会の常識。だから仕事をする。という認識でした。

専門学校を卒業して、社会人になり、上司との兼ね合い、スタッフとの人間関係、仕事を覚える大変さ、責任感、悩み、ストレスなど、沢山考えることが増えて、お金を稼ぐ事や社会人の大変さが身に染みました。

でも、逃げるわけにもいかず、必死に仕事を覚えました。仕事にも慣れた。20代、遊ぶお金の為だけに働いていました。そして、一通り遊んで、遊ぶことにも飽きた30代手前、仕事のやりがいの無さに嫌気がさし退職しました。

そして、今までは重視していなかった、仕事のやりがいを求めて再就職しました。そこから、がむしゃらに働き仕事の楽しさ、やりがい、悩みを経験し、お金の為だけに働くのが仕事では無い事に気づけました。

仕事って、当たり前のように存在している事ですが、実は自分が生きる上で、とても重要な事なんだと思うようになりました。

今まで仕事をずっと続けて学べた事や得たものは、私の宝です。この宝をこれからも、もっと増やしたいと思います!